経営に役立つ会議

 会議の有用性についての議論を耳にすることが多いですね。

 日経TOP LEADER2016.4号)では、経営課題の解決や業績向上につながる独自の会議スタイルを紹介しています。貴重な時間を費やして開く会議ですので、目的を明確にし、最大の効果を期待したいものです。

 

社名

業績

会議の特徴

オイシックス

食品のインターネット販売

全社員ミーティング

ネット販売する商品の販売者を年に数回会議に呼ぶ。パネルディスカッションで商品の評価やサイトの使い勝手などを述べてもらい、改善につなげる。

カヤック

ウェブサイト制作

ぜんいん社長合宿

12日でテーマに沿って経営についてのアイデアを出し合い、チームごとに発表。全員投票により1位を決める。良いアイデアがあれば経営にいかす。

コンビーズ

メール配信サービス

井戸端会議

2回程度、無作為に選んだ45人の社員がテーマを持ち寄って話す。社員が互いに話しやすい関係をつくり、指摘しにくい問題についても素直に議論できるようにする。

スター

フェスティバル

弁当宅配などの

インターネットサービス

ドキュメント管理ツールの活用

ドキュメント管理ツールを活用し、議事録をネット経由で社員全員が共有。会議の進行や決定内容の伝達を効率化する。まず、テンプレートに沿って議案を準備し、必要な項目の漏れを防ぐ。

ネッツトヨタ

南国

自動車販売

多数決禁止のミーティング

ミーティングでの結論は多数決を禁止し、全会一致を原則とする。統一見解が出るまで知恵を出し合って議論を尽くす。